私たちは、ほくたけミッションステートメントに則った事業活動をより積極的にかつ統一的に実践するため、『ほくたけグループ行動指針』を定め、これを事業活動の根幹とします。
 この「行動指針」は、ほくたけグループの事業活動を通じた企業の発展はもとより、社会との共生を図るため、グループ各社と、その社員一人ひとりが、真摯に、誠実に仕事に取り組むための責任と義務を明確にしたものであります。
 この行動指針の実践こそが、私たちが取り組むCSR活動であることを宣言します。
   
 
  『ほくたけグループの行動指針』と
『ほくたけグループ コンプライアンスハンドブック』


 
「予防・診断・治療・調剤・リハビリ・介護」という地域の健康ネットワーク全体を支える総合ヘルスケア企業グループ、それがホールディングスの理念です。ロゴマークは、人々の健康と根幹を担う企業としての責任と統合力をモチーフにしています。
ライトブルーとミドルブルーの連続するパターンは、オールラウンドの市場性を表すとともに、北海道の地域性を象徴する雪の結晶と、清廉な企業姿勢を示しています。また、横に伸びる2本の緑の線は大地を表し、北海道の広い大地にしっかりと根ざすホールディングスの姿を表現しています。
地域の人々の命と健康な暮らしを支えることを願う想いをロゴマークに託しました。
     
 
 
前のページへ ページのトップへ