2016年3月取材

私が現在行っている仕事は、福祉用具のレンタル・販売・住宅改修の営業です。
ご利用者様を担当するケアマネージャーさんのもとへ伺い、在宅で生活する高齢者の方が安心・安全に暮らせる様相談し自宅環境を整備しています。
ケアマネージャーさんのいる事務所に訪問し、ご利用者様の状況の報告や新商品のPR等を行うことや、ご利用者様のご自宅に伺い福祉用具の納品や引き上げを行うことが主な営業活動です。
ケアマネージャーさんやご利用者様、介護をするご家族様や他サービスの専門職の方など様々な方と接する機会が多いため、より親身になって相談を受けることが出来るよう常に笑顔でいることを心掛けています。

仕事を通してやりがいや使命感を感じたこと

ご利用者様の身体状況や住環境、介護環境は様々です。その中でその方に合った福祉用具を提案し、実際にご利用者様から「ありがとう」という感謝の言葉を頂けた時は非常にやりがいを感じます。
また、最初の福祉用具の納品だけでなく、身体状況は変化していくためその時にあった福祉用具に入れ替えたり、定期的なモニタリングなど安心した在宅での生活が送れるようご利用者様の生活の一部となってサービスを提供していくことに日々使命感を感じて仕事をしています。

あなたの将来は

今後はさらに高齢化が進み、在宅で生活を送る高齢者の方がますます増えてくると思います。そのため、住環境の整備をしていくことがまず第一に必要になるので福祉用具の役割は重要なものになると感じています。今後私は、より適切な福祉用具を選定・提案しご利用者様の身体負担の軽減と介護をするご家族様などの不安や負担の軽減を支援できるよう日々の営業活動に取り組んでいきたいと思います。
そして、ケアマネージャーさんに福祉用具に関しての相談をまず私にしていただけるような、頼られる福祉用具専門相談員を目指していきます。

職場について

私が現在所属しているさわやかセンター札幌豊平は、昨年10月に開設した一番新しいセンターです。
小規模のセンターのため、人数は少ないですがその分一人一人が責任を持って仕事に取り組んでいます。また、福祉用具の納品は重たいものもあり女性にとっては大変なこともありますが、そのような時は先輩や上司、後輩などが一緒に行って納品を手伝ってくれるため、女性にとっても働きやすい環境だと思います。