2013年11月取材

現在、私は札幌市の東区・北区・石狩の幅広いエリアを受け持つ札幌北支店に所属しております。
朝は会社に足を運んで頂いた製薬メーカーのMRさんとの打ち合わせや情報交換を行い、午後からは医薬品の営業として医療機関であるお得意先へ定期訪問をするのが主な仕事です。
日々お得意先へ医薬品を安定供給する事はもちろん、医薬品・医療業界の最新情報、そして笑顔をお届けできるように心掛けています。

仕事を通してやりがいや使命感を感じたこと

営業1年目で経験した東日本大震災のことは今でも鮮明に覚えています。
お得意先の待合室で大きな揺れを感じた時はまだよく状況が飲み込めませんでした。
その後、医薬品の安定供給が困難になったり、お得意先の先生方が東北へ支援に行かれたりすると自分の中でもこの震災がぐっと身近なものとなりました。
その際、安定供給を可能にする為に、在庫調査をしたり、メーカーと密に連絡を取り合うなど精一杯行動しました。
私たちMSとしての使命はどんなに不安定な状況でもお得意先のニーズに応え、医薬品を手配・確保できるよう動き、お得意先からの「ありがとう」に繋げる事だと実感しました。

これからの将来

これから更に薬価改正・診療報酬改定・消費税の増税と医療業界も厳しい状況に直面していきます。
ほくやくのMSとしてお得意先へ医薬品を安定供給することはもちろんですが、医薬品の供給・情報提供だけではなく、お得意先が求めているものを的確に察知し、様々な提案をできるMSに成長していきたいと思います。
「ほくやくの宮下さんがいるから医薬品を購入したい」、「困ったとき一番にほくやくの宮下さんに相談したい」とすぐに顔を思い浮かべて頂けるようなMSを目指して一生懸命頑張ります。

職場について

私はほくやくの社員が大好きです!!
「ほくやくの何がいい?」と聞かれれば私は真っ先にこの答えを言います。
どんなに辛いことや悲しいことがあっても、支店に戻ってくれば親身になって聞いてくれる優しい先輩や的確なアドバイスをくれる頼もしい先輩がいます。
一緒に楽しく笑いあえる同期や後輩もいます。
私の所属している札幌北支店は特に人数も多く、女性社員も私を含め5名もいる恵まれた環境です。
胸をはってほくやくが大好きですと言える素敵な職場です。