2013年11月取材
札幌市厚別区にあるもみじ台中央調剤薬局で薬剤師として働いています。主に近隣の小児科、耳鼻科を中心とした処方箋に対する調剤・投薬と、介護施設を含む在宅医療に関する業務をしています。患者様からは薬だけではなく、食生活やライフスタイル、病気に対する相談も受けることが多いので、まずは相手の思いを受け止めて、できる限りお答えできるように努力しています。
まだ経験が浅いため日々勉強や反省をすることもありますが、患者様の気持ちにお応えできるよう頑張っています。
会社の魅力

上司や社長との距離がとても近く感じられる点です。これは、私が当社に入社を決めた大きな要因の1つでもあります。
距離が近いというのは「お友達感覚で仲良く」という意味ではなく、自分の考えやこうなりたいなどの気持ちを、直接上司や社長に伝えることができる距離の近さです。
社長に新しいことへ挑戦することを後押ししてもらえたり、考えを理解してもらえたり、他の会社ではなかなかないことだと思います。
薬剤師としてキャリアをスタートさせたばかりなので、色々なことに興味・感心を持って果敢に挑戦していけるようにしたいです。

仕事で感じた喜び
患者様に「ありがとう」と言われると、次も頑張ろうと思います。以前、担当している在宅の患者様のご家族から「話しやすくて、ついつい長話になっちゃうわ。笑顔が素敵でいいわね。次はもっとゆっくりしていってね。」と言われました。
在宅医療に関わりたくて薬剤師になった私にとって、とても嬉しいお言葉をいただくことができ「薬剤師」を選んで本当に良かったと思いました。

これからも、患者様と喜びを分かち合えるように真摯な対応をしていきたいです。

職場について
どの職業にも当てはまると思いますが、仕事をする上ではやはりコミュニケーションが非常に大切になります。
私のいる薬局内では業務に関わる話だけではなく、休憩時間には私生活などについても話したり、困ったことがあれば相談に乗ってもらったりしています。また、職場を離れて、プライベートでも食事などに行くこともあります。
仕事の話はもちろん、それ以外の会話がしやすい今の職場は、人と話すことが好きな私にとってとても働きやすい環境です。